1. ホーム
  2. 産業機器製品
  3. アプリケーション一覧
  4. 材料分析
  5. 表面分析

印刷用ページ

表面分析

表面分析、または表面計測は、素材の質感分析、うねり測定、粗さ測定、真円度測定などをカバーする広大な分野です。これらを調査する目的は、測定対象素材の起源や履歴がその質感に与える影響や、他の材料との相互作用の影響を理解することです。質感の区分や相互作用の正確かつ再現性のある測定は、粘着性、摩耗、摩擦、表面の美しさといった素材の基本的な特長と関連付けられます。

表面特性の最適化は、ほぼすべての業界で製品のパフォーマンスの向上につながります。しかし望まれる表面特性は、業界やアプリケーションによって多種多様です。例えば、多くの業界では大きな粗さは摩擦、摩耗、材質疲労の要因となり、最終的には早期の破損の原因となるため望ましくありません。

しかし他の業界では、例えば粗さにより潤滑剤の含有が望まれるような場合は、一定の粗さは利益をもたらします。表面計測はまた、地質学における鉱物の測定から医療分野における新規機器の開発に至るまで、多種多様な研究分野をサポートします。

多様な表面の質感を評価するために、測定技術者は単純な明視野分析から微分干渉、偏極解析など、多様な顕微鏡技術を使用しています。測定対象スケールは、目的に応じてナノメートル単位からミクロン単位まで変化しますが、すべての場合において品質が最も重要です。対象素材の質感の正確な分析により、機能的な能力、制約、製品のパフォーマンスなどを決定する重要な特性を明らかにすることができます。

また、CADと対象素材の表面形状との比較を行うような場合には、三次元レーザースキャナを活用することができます。

関連製品

ページトップへ戻る

お問い合わせ・サポート

  • *
    ショールームではお取扱いのない製品もございますので、ご来場の際にはお問い合わせください。