1. ホーム
  2. 産業機器製品
  3. アプリケーション一覧
  4. 材料分析
  5. 亀裂・欠陥分析

印刷用ページ

亀裂・欠陥分析

自動車、航空宇宙、建築、エンジニアリング、製造などの多くの業界では、製品の製造過程において材料の亀裂や破損の発生を完全に防止することは困難です。金属、複合材、プラスチック、ミネラルなど多くの材料で亀裂が発生する可能性があり、これは製品不良を引き起こす原因となります。非破壊での亀裂の検査は、最終的な不良解析や品質管理のために重要なものとなります。X線/CTシステムや顕微鏡は、亀裂の検査のための有効な手段です。

検査ではまず、材料の損傷の有無を迅速に見分ける必要があります。また損傷が存在する場合、損傷の規模の特定や原因の推測を行う必要があります。一般的には、亀裂や構造的な損傷は、共振周波数、圧電塗料センサ、超音波などの非顕微鏡的な方法を介して損傷の有無を識別します。顕微鏡技術は、損傷をさらに明瞭に分析する手段として使用することができます。

倒立顕微鏡はこの分野で強力なツールです。高精度であり、また観察対象物の重量に対する耐久性があるため、亀裂の発生したエンジンシャフトやギヤボックスをそのまま観察するのに適しています。一方でデジタルマイクロスコープは、破損した部品を切り出して高倍率での観察、分析を行うのに適しています。

X線やCTは最も先進的なシステムです。これらは航空宇宙分野アプリケーションでの複雑な炭素繊維材料の検査などでしばしば使用されます。このシステムを使うことで、材料の内部構造について深い洞察を得ることができます。

関連製品

ページトップへ戻る

お問い合わせ・サポート

  • *
    ショールームではお取扱いのない製品もございますので、ご来場の際にはお問い合わせください。