1. ホーム
  2. バイオサイエンス製品
  3. 超解像顕微鏡
  4. 超解像顕微鏡 N-STORM - 概要

印刷用ページ

超解像顕微鏡

N-STORM

分子レベルの理解を可能にする、従来の光学顕微鏡の約10倍の分解能

ローカライゼーション法の一つであるSTochastic Optical Reconstruction Microscopy (STORM)法を採用したN-STORM。複数の蛍光画像から高精度に検出した蛍光色素1分子ごとの位置情報を重ね合わせ、一枚の高分解能蛍光画像を再構築します。ニコンの研究用倒立顕微鏡 ECLIPSE Ti-Eとの組み合わせで、従来の顕微鏡の約10倍の超解像度(2Dの場合は約20nm)を実現。1分子レベルの検出を可能としたことで、「構造レベルの理解」から「分子レベルの理解」に踏み込む情報が得られます。
N-STORMは光学系・照明系・解析ソフトを一新し、N-STORM4.0にさらにパワーアップしました。

超解像顕微鏡 N-STORM4.0

主な特長

関連製品

イベント情報

ページトップへ戻る

お問い合わせ・サポート

  • *
    ショールームではお取扱いのない製品もございますので、ご来場の際にはお問い合わせください。