1. ホーム
  2. バイオサイエンス製品
  3. バイオサイエンス製品ソフトウェア
  4. 画像統合ソフトウェア NIS-Elementsシリーズ - 特長・機能

印刷用ページ

画像統合ソフトウェア

NIS-Elementsシリーズ

お好みのソフトウェアを選択

多次元対応(Ar:6Dまで、Br:4Dまで、D:3Dまで)

電動顕微鏡と組み合わせることで、XY画像にさらにZ(フォーカス)、やT(時間)、λ(波長)、MP(多点)などの情報を加えた多次元画像取得が出来ます。

6Dイメージングシステム例

標本中の複数のポイント1、2、3において、それぞれのX、Y、Z軸情報を取得しながら、同時に波長と時間の情報を取得することも可能です。

Ar
NIS-Elements Advanced Research

自動化によるカメラや顕微鏡のトータルコントロールに対応。「X、Y、Z、λ(波長)、T(時間)、多点」の6次元までの多次元画像取得や画像解析が行えます。高度な研究・開発に最適です。

Br
NIS-Elements Basic Research

「X、Y、Z、λ(波長)、T(時間)、多点」を組み合わせて4次元までの多次元画像取得が行えます。研究開発から検査まで幅広いアプリケーションに適しています。

D
NIS-Elements Documentation

生物医療分野から工業分野まで、必要な機能が備えられています。測定機能やレポート制作機能を標準装備。

多彩な画像取得

マルチチャンネル(多色)

複数の蛍光波長や異なる観察方法(DICや位相差など)を組み合わせて撮影し、重ね合わせ画像が取得できます。

  • Ar
  • Br

Z シリーズ

電動フォーカス機構を制御して、Z軸の深さが異なる複数の画像を取得し、3D画像を作成出来ます。

  • Ar
  • Br
  • D

タイムラプス

画像取得の間隔、回数、トータル時間を設定して、継時的変化を簡単に取得できます。
電動倒立顕微鏡 Ti-E のパーフェクトフォーカスシステムなら、長時間タイムラプスでもフォーカスドリフトのない、正確なデータが所得できます。

  • Ar
  • Br
  • D

マルチポイント

電動ステージを制御して、多点ウェル観察での複数のサンプル画像を自動取得できます。
ステージ位置を保存して、いつでも再現することが可能です。

  • Ar
  • Br
  • D

ラージイメージ

複数視野の画像を撮影しながらつなぎ合わせて、1枚の大きな高倍率画像を作成することが可能です。
取得済みの画像をつなぎ合わせることもできます。

  • Ar
  • Br
  • D

多次元取得

マルチチャンネル、Zシリーズ、タイムラプス、マルチポイント、ラージイメージなどの複数の時限を組み合わせた画像取得を行います。「ウェルプレートの各ウェルで、2色の蛍光波長のZシリーズ画像を30分間隔で24時間取得する」というような複雑な設定が簡単にできます。

  • Ar
  • Br
  • *
    パッケージによって使用できる最大次元数が異なります。

画像表示/画像処理

多次元画像表示

時間、波長、X Y Z 位置などのパラメータがわかりやすく表示されます。また、任意の時間、波長、Zフォーカスなどを指定して画像を抜き出し、新たなデータとして保存することが可能です。

  • Ar
  • Br

多色画像合成

複数の1チャンネル画像を任意に(例えば3色画像のうち2色だけ)重ね合わせて画像合成できます。
「Ar」、「Br」では画像のタブを別の画像の上にドラック&ドロップすると合成できます。
「D」では、赤、青、緑、明視野の画像を選択して重ね合わせます。

  • Ar
  • Br
  • D

Zシリーズ画像表示

Zシリーズ取得データは、プロジェクション画像の作成だけでなく、任意のXZ、YZの断面表示が可能なスライスビュー、立体表示ができるボリュームビューなどで観察できます。
3Dデータから作成した任意の方向に回転する立体画像をAVIに変換できます。

  • Ar
  • Br
  • D
  • *
    ボリュームビュー、スライスビューはAr, Brのみ

焦点画像合成(EDF)

Zシリーズ画像から、各面でフォーカスの合った領域だけを抜き出し、全体にフォーカスの合った一枚の画像を作成します。
合成画像はZ軸情報を保持しているので、擬似立体画像として様々な角度から見ることができます。

  • Ar
  • Br
  • D
  • *
    Ar, Br, Dでオプションソフト購入で使用可能。

計測と解析

手動計測とイメージアノテーション

画像に直接、線や図を書き込んで長さや範囲を計測するインタラクティブ計測が行えます。
計測結果は画像に張り付けたり、テキストやExcelファイルで出力することが可能です。
また、画像には矢印、記号、テキストなどを記入できます。

  • Ar
  • Br
  • D

ヒストグラム/インテンシティプロファイル/インテンシティサーフェスプロット

ヒストグラム計測は画像全体または任意の領域内のピクセルの輝度分布を示します。
インテンシティプロファイル計測は任意のライン上の輝度分布を表示します。
サーフェスプロットは画像内の輝度分布をZ軸方向の高さで表現します。

  • Ar
  • Br
  • D

自動計測 (オブジェクトカウント)

あらかじめ設定した、しきい値を用いて画像を二値化しします。
抽出されたオブジェクトの数や面積、輝度などを計測します。

  • Ar
  • Br
  • D
  • *
    D はオプションソフト購入が必要です。

レイアウトのカスタマイズ

様々な用途に対応できるよう、デフォルトのレイアウトを数種類ご用意しております。
また、自由にレイアウトをカスタマイズすることが可能です。
さらに、暗室での利用に適したダークカラーGUIモードも搭載しております。

ダークカラー GUI モード

カラーパレットの輝度が暗室での利用に適した明るさに変更出来る表示モードです。

  • Ar
  • Br

レイアウトマネージャー

画像取得や計測などの用途別のウィンドウのレイアウトやツールバー、メニューの配置をカスタマイズが可能です。
カスタマイズしたレイアウトは保存でき、タブから簡単に呼び出せます。

  • Ar
  • Br
  • D

シンプル GUI モード

NIS-Elements Dでは、画像取得と簡単な計測だけのシンプルGUIモードが選択できます。

  • D

標準GUIモード:NIS-Elements Dのすべての機能を表示。

シンプルGUIモード:画像取得と計測メニューのみを表示。

画像取得からレポート作成まで

NIS-Elementsがあれば、画像取得→画像管理→解析→レポート作成までを行うことが可能です。

データベース

オーガナイザ機能により、画像がサムネイル形式で一覧表示できるので、必要な画像がすばやく見つけられます。
サムネイルから直接画像を開くことも可能です。また、取得条件や日付、担当者名などを使用したデータベース化も容易です。

  • *
    Ar, Br, D でオプションソフト購入で使用可能。

レポート作成

画像取得時の設定の詳細、解析結果などを利用して、画像、イメージヘッダー、取得情報などをPDFファイルに出力が可能です。

  • Ar
  • Br
  • D

モンタージュ画像の作成

複数の画像(動画)や計測グラフを並べて1枚の画像(動画)を作成できます。
画像と計測結果をまとめたレポート作成や、複数の動画を並べた1つの動画などを作成できます。

  • Ar

解析用オフラインパッケージ

ニコン顕微鏡や他社製ソフトウェアで取得したTIFF画像や多次元画像の輝度測定やオブジェクトカウントなど様々な解析が行えます。

ソフトウェアアップグレード契約 (SUA*)

NIS-Elementsを購入後1年間以内にリリースした最新バージョンは無償でアップグレードできますが、SUAをご契約いただくと、購入後2年目以降でも、最新バージョンをご利用いただけます。

  • *
    1年ごとの更新用ライセンスです。

関連製品

イベント情報

ページトップへ戻る

お問い合わせ・サポート

  • *
    ショールームではお取扱いのない製品もございますので、ご来場の際にはお問い合わせください。