1. ホーム
  2. バイオサイエンス製品
  3. 倒立顕微鏡
  4. 研究用倒立顕微鏡 ECLIPSE Ti2 - 概要

印刷用ページ

研究用倒立顕微鏡

ECLIPSE Ti2

研究用倒立顕微鏡 ECLIPSE Ti2

ライブセル研究の最前線で研究者を支えるイメージングプラットフォーム。

ニコンの倒立顕微鏡の最高峰がさらに進化。25mm というかつてない広視野により、大型のCMOSカメラセンサーの能力を最大限に利用した大量データの高速取得ニーズに応えます。
Ti2-Eは、多彩なアクセサリーとの高速連携が可能なため、複雑な多次元画像取得においても信頼性の高いデータを効率よく取得できます。
また、高分解能の長時間観察でもフォーカスを確実に維持する抜群の安定性を実現。
高い精度を要求される超解像イメージングのベース機としても最適です。
Ti2-E/Aは、センサーにより現在の顕微鏡状態を自動的に判断して、正しい操作手順をナビゲーションするアシストガイド機能を搭載。
様々な熟練度の研究者をヒューマンエラーから解放し、研究の効率を向上します。
ライブセルイメージングの統合プラットフォームとしての高い機能性・安定性と、画像取得・解析・顕微鏡制御のすべてを行うソフトウェアNIS-Elementsの優れた操作性・柔軟性により、ECLIPSE Ti2は最先端の生命科学研究を強力にサポートします。

主な特長

  • かつてない広視野観察への挑戦

    大型化を続けるカメラセンサーやPCの処理能力の向上を背景にした大量データの高速取得が、ライブセルイメージングの新たな可能性を拓きます。
    Ti2は、視野数25の比類ない広視野により、顕微鏡画像サイズの常識を一新しました。日常的な観察からハイコンテントスクリーニングまで、圧倒的な広視野で新時代のライフサイエンス研究の要求に応えます。

    詳細を見る

  • フラッグシップを支える光学技術

    顕微鏡の性能の神髄とも言えるオプティクス。ニコンは独自の無限遠補正光学系CFI60に結実した技術でバイオイメージングの進化を支えます。高いNA・透過率・平坦性や、妥協なき収差補正、長作動距離を誇る対物レンズと、その性能を最大限に引き出す顕微鏡設計。そのいずれもが、あらゆる観察手法での最高の画像を約束します。

    詳細を見る

  • 揺るぎないフォーカスの安定性

    きわめて小さな温度変化や振動でさえも、顕微鏡観察においてはフォーカス位置に大きな影響を与えることがあります。Ti2は静的・動的なアプローチによりあらゆるシーンでのフォーカスずれを解決。長時間タイムラプス観察やマルチポイント観察においても、ナノスケールの世界を忠実に捉えます。

    詳細を見る

  • 顕微鏡がミスのない操作をサポート

    もう顕微鏡の調整手順に迷うことはありません。アシストガイド機能を使用すれば、顕微鏡がセンサーからの情報をもとに、次に何を操作するべきかをナビゲーションします。ヒューマンエラーを省き、研究者が貴重な時間を研究そのものに活用できるようサポートします。

    詳細を見る

  • 直感的なインターフェースデザイン

    顕微鏡の操作を意識することなく観察だけに集中したい。Ti2は研究者のニーズに応え、直感的な操作を実現するためにスイッチやボタンの配置から形状まで一新。観察方法ごとに操作系を分類したゾーニングデザインを採用しました。たとえ暗室中でもボタンの位置に迷うことはありません。

    詳細を見る

高品質な製品を支えるニコン・テクノロジー

生物顕微鏡パーフェクトフォーカスシステム新しいウィンドウで開く

薬効検査などでのライブセル観察で大きなアドバンテージとなる、ピントの自動調整による数日間の観察や、作業時間短縮や極めて弱い照明光での試料ダメージの大幅削減を実現

関連製品

イベント情報

ページトップへ戻る

お問い合わせ・サポート

  • *
    ショールームではお取扱いのない製品もございますので、ご来場の際にはお問い合わせください。