1. ホーム
  2. バイオサイエンス製品
  3. 共焦点レーザー顕微鏡システム
  4. 共焦点レーザー顕微鏡システム A1+/A1R+ - 仕様・寸法図

印刷用ページ

共焦点レーザー顕微鏡システム

A1+/A1R+

仕様


A1+ A1R+
出入力ポート レーザー入力ポート:2
信号出力ポート:3(4-CHディテクター(標準蛍光検出器)、スペクトルディテクター、サードパーティー製ディテクター(FCS/FCCS/FLIM))
レーザー 3レーザーユニットLU-N3 405 nm, 488 nm, 561 nmレーザーを搭載;AOTF内蔵
  • *
    A1-DUSスペクトルディテクターにはご使用できません。
4レーザーユニットLU-N4/N4S 405 nm, 488 nm, 561 nm,640 nmレーザーを搭載;AOTF内蔵
  • *
    LU-N4はA1-DUSスペクトルディテクターにはご使用できません。
レーザーユニットLU-NVシリーズ 搭載可能レーザー;405 nm, 445 nm, 458 nm, 488 nm, 514 nm, 532 nm, 561 nm, 594 nm, 640 nm, 647 nm;AOTF内蔵
標準蛍光検出器 検出波長範囲 400〜750 nm
検出器 A1-DU4-2 4ディテクターユニット:マルチアルカリPMT 4基
A1-DUG-2 GaAsPマルチディテクターユニット:GaAsP PMT 2基+マルチアルカリPMT 2基
フィルターキューブ 6個(顕微鏡用キューブと同じ)、フィルターホイール3基のいずれにも搭載可能
推奨フィルター:450/50、482/35、515/30、525/50、540/30、550/49、585/65、595/50、700/75
透過光検出器(オプション) 検出波長範囲 485〜650 nm
検出器 マルチアルカリPMT
スキャニング走査範囲 φ18に内接する正方形
イメージ階調 4096階調(グレー、12ビット)
スキャンヘッド 標準画像取得 スキャナー:制御ガルバノスキャナーx2
画素サイズ:最大4096 × 4096画素
走査速度:
標準モード:毎秒2フレーム(512 × 512画素、双方向)、毎秒24フレーム(512 × 32画素、双方向)
高速モード:毎秒10フレーム(512 × 512画素、双方向)、毎秒130フレーム(512 × 32画素、双方向)*1
ズーム:連続可変 1〜1000x
走査モード:X-Y、X-T、X-Z、回転XY、自由ライン、Zライン
高速画像取得 - スキャナー:X軸レゾナントスキャナー(共振周波数7. 8 kHz)、Y軸制御ガルバノスキャナー
画素サイズ:最大1024 × 1024画素
走査速度:毎秒15フレーム(1024 × 1024画素)、毎秒30フレーム(512 × 512画素)、毎秒60フレーム(256 × 256画素)、毎秒420フレーム(512 × 32画素)、ライン速度15,600ライン/秒
ズーム:7ステップ(1x、1. 5x、2x、3x、4x、6x、8x)
走査モード:X-Y、X-T、X-Z
画像取得方式:高速画像取得、光刺激同時画像取得
ダイクロイックミラー 方式:低入射角方式、ポジション数:8
標準フィルター:405/488、405/488/561、405/488/561/638、405/488/543/638、457/514、BS20/80
オプションフィルター: 457/514/561
ピンホール 可変範囲:12〜256 μm(1次像面換算)
スペクトルディテクター
(オプション)
A1-DUSスペクトルディテクターユニット チャンネル数:32チャンネル
検出波長範囲:400〜750 nm
スペクトル画像取得速度:毎秒4フレーム(256 × 256画素)
最大画素サイズ: 2048 x 2048画素(スペクトルモード/Vフィルターモード)
波長分解能: 2.5/6.0/10.0 nm、0.25 nmステップで波長範囲可変
ガルバノスキャナーのみ使用可能
A1-DUVB-2 GaAsPディテクターユニット チャンネル数:吸収帯域可変GaAsP PMT 1チャンネル、(オプション)ダイクロイックミラー・吸収フィルターをユーザー指定可能なGaAsP PMT(A1-DUVB-OP) 1チャンネル
検出波長範囲:400〜720 nm、検出幅:10nm〜320nm
最大画素サイズ: 4096 × 4096画素(CBモード/VBモード)
波長分解能:10 nm、1 nmステップで波長範囲可変
ガルバノスキャナー、レゾナントスキャナーが使用可能
Zステップ Ti2-E:0.02 μm、FN1用ステッピングモーター:0.05 μm
Ni-E:0.025 μm
対応顕微鏡 電動倒立顕微鏡 ECLIPSE Ti2-E、対物上下動式正立顕微鏡 ECLIPSE FN1、
正立顕微鏡 ECLIPSE Ni-E(対物上下動式、ステージ上下動式)
オプション 電動XYステージ(Ti2-E/Ni-E用)、高速Zステージ(Ti2-E用)、高速対物ピエゾ(FN1/Ni-E用)
ソフトウェア 表示・画像構築 2次元解析、3次元ボリュームレンダリング・オーソゴナル、4次元解析、スペクトラルアンミックス
画像形式 JP2、JPG、TIFF、BMP、GIF、PNG、ND2、JFF、JTF、AVI、ICS/IDS
アプリケーション FRAP、FLIP、FRET(オプション)、光刺激、3次元タイムラプス、マルチポイントタイムラプス、コローカリゼーション
制御装置 OS Microsoft Windows®10 Professional 64 bit(日本語版)OSバージョン1704、Microsoft Windows®7 Professional 64 bit SP1(日本語版)Windows Update KB3118401以降
CPU Intel Xeon E5-2643v4 (3.40 GHz/6 core/20 MB/2400 MHz) 以上
RAM 16GB、32GB または、64GB
HDD
第一:HP Z TurboドライブG2 512GB PCIe M.2 SSD、第二:SATA 2TB
光学ドライブ  スーパーマルチドライブ、16倍速以上
グラフィック  NVIDIA Quadro K620/ K2200/ K4200/ M2000/ M4000/ M5000(PCI Express /マルチディスプレイ対応)
拡張スロット  PCI Express 3.0 (x16) 2スロット(グラフィック用1スロット)、PCI Express 3.0 (x8メカニカル、 x4エレクトリカル) 1スロット、PCI Express 2.0 (x8メカニカル、 x4エレクトリカル) 1スロット、PCI Express 2.0 (x1) 1スロット
LANポート  10/100/1000 ネットワークインターフェイスx2(コントローラー接続用、外部LAN接続用)
モニター 解像度1600 × 1200以上、デュアルモニター推奨
設置条件 温度23±5 ℃、湿度70 %(RH)以下(結露なきこと)
  • *1
    高速モードは8〜1000x ズームとX-Y、X-Tの各スキャニングモードに対応しています。また、回転、自由ライン、CROP、ROI、スペクトラル画像取得、刺激、CLEM、FLIMには対応していません。

関連製品

イベント情報

ページトップへ戻る

お問い合わせ・サポート

  • *
    ショールームではお取扱いのない製品もございますので、ご来場の際にはお問い合わせください。