1. ホーム
  2. バイオサイエンス製品
  3. アプリケーション一覧
  4. 生命科学
  5. 海洋生物学

印刷用ページ

海洋生物学

海洋生物学は、世界中の海に生息する動植物を科学的に研究する学問です。対象となる動植物は分類学によってではなく、生息環境によって分類されています。海洋生物学は食糧生産や医薬、原材料、レクレーション、気候、環境など、様々な研究分野を含んでいます。

海洋生物学の研究分野は、海洋ウイルスの同定とその性質の解析、海洋での食物連鎖におけるバクテリアやプランクトンの役割、海洋生物の生物的発光、極限環境(深度、水圧、水温、塩分、暗度)に生息する生物の適応、海洋生物の生態および進化、海洋生物を利用した汚染と気候変動のモニタリングなど、広範囲にわたります。

光学顕微鏡は、生化学的、分子生物学的、細胞生物学的手法を駆使して、海洋生物(生体、化石生物など)を観察、性質を解析するのに欠かせないツールです。海水サンプル中の生物を野外でその場で観察する場合は実体顕微鏡観察がよく使われます。一方、生体標本や固定標本の詳細な構造や生理機能の研究には、研究室内での明視野観察、蛍光観察、共焦点観察、反射照明観察、DIC観察、位相差観察などが用いられます。偏光顕微鏡観察では、珪藻などの結晶構造や化石の薄片の細部をクリアに見ることができます。

関連製品

学ぶ・知る

ページトップへ戻る

お問い合わせ・サポート

  • *
    ショールームではお取扱いのない製品もございますので、ご来場の際にはお問い合わせください。