1. ホーム
  2. バイオサイエンス製品
  3. アプリケーション一覧
  4. 製薬

印刷用ページ

製薬

  • 製剤科学

    製剤科学において、顕微鏡観察、特に偏光顕微鏡観察は重要な研究手法とされています。

  • ADMET(薬物動態毒性)

    in vitro, in vivoの試験によってADMET(吸収、分布、代謝、排泄、毒性)特性の評価を行うことで、新薬の開発に役立てます。

  • 創薬におけるターゲットの同定

    遺伝子型、発現、タンパク質機能と疾患の間の複雑な関係性を明らかにすることを目的として、顕微鏡観察が用いられます。

  • 細胞培養

    創薬における、生細胞(ライブセル)を使った分析の重要性が高まるなか、細胞培養は創薬においても欠かせない研究手法となっています。

学ぶ・知る

ページトップへ戻る

お問い合わせ・サポート

  • *
    ショールームではお取扱いのない製品もございますので、ご来場の際にはお問い合わせください。