1. ホーム
  2. バイオサイエンス製品
  3. アプリケーション一覧
  4. 医学研究
  5. 獣医学

印刷用ページ

獣医学

獣医学では人間の医療と同様の技術が使われます。しかし、罹患率や薬物反応性が「患者」の種によって異なったり、症状の説明が「患者」から直接得られないために、診断はさらに難しくなります。

光学顕微鏡は、体液や分泌液、皮膚・毛のサンプルを観察するのに非常に有効で、寄生虫性感染、微生物感染、アレルギーや腫瘍について迅速に知ることができます。より詳細な検査としては、病理学、微生物学、分子生物学、血液学、免疫学に基づく検査があります。主要な顕微鏡観察法には、未染色の標本の明視野観察、暗視野観察、位相差観察およびDIC(微分干渉観察)があり、また、組織学的染色法・蛍光染色法・免疫染色法による固定標本の明視野観察なども行われます。

デジタルイメージングやバーチャルスライド(digital slide)、テレパソロジー技術は、標本スライドの保管やアーカイビング、経時的観察記録の作成、第三者意見の取得、遠隔地への結果の返信などに効果的です。

関連製品

学ぶ・知る

ページトップへ戻る

お問い合わせ・サポート

  • *
    ショールームではお取扱いのない製品もございますので、ご来場の際にはお問い合わせください。