1. ホーム
  2. バイオサイエンス製品
  3. アプリケーション一覧
  4. 医学研究
  5. 血液学

印刷用ページ

血液学

血液学とは、血液、造血器官および血液疾患を研究する分野です。血液は主に、赤血球(ヘモグロビンを含み、各組織に酸素を運ぶ役割を担う)、白血球(顆粒球、リンパ球、単球などの異なる数種類の細胞があり、免疫機能を持つ)、血小板(血液凝固に関連)の三種類の細胞で構成されます。これらの細胞は、水分、栄養分、タンパク質(凝固の重要因子)、ホルモン、老廃物を含んだ血漿の中に浮遊しています。赤血球、白血球、血小板は主に骨髄で作られます。

血液中のさまざまな成分の構成や数の変化は、さまざまな指標を提供する場合があります。これらの変化の多くは、血液標本や骨髄標本(骨髄穿刺および生検によって採取)を光学顕微鏡で観察することで検知できます。顕微鏡のスライドガラスに細胞を薄く塗り、個々の細胞の種類と数を確認します。多様な染色法を用いて、特定の細胞や細胞小器官を同定することができます。例えば、ギムザ染色は血液標本や骨髄標本に使用され、赤血球をピンクに、血小板を薄いピンクに、リンパ球の細胞質を青に、白血球のクロマチンを赤紫に染色します。ギムザ染色はまた、マラリアやその他のスピロヘータ、原虫類などの血液寄生虫の検知にも有効です。主な顕微鏡観察法には、明視野観察、暗視野観察、DIC(微分干渉観察)、蛍光観察、免疫細胞化学法、免疫組織化学法、バーチャルスライド(digital slide)、テレパソロジーなどがあります。

関連製品

学ぶ・知る

ページトップへ戻る

お問い合わせ・サポート

  • *
    ショールームではお取扱いのない製品もございますので、ご来場の際にはお問い合わせください。